家計簿の代わりに

クレジットカード払いにするメリットの一つとして、支払い明細があります。一つのカードでありとあらゆる物を支払うことで、支払明細書がそのまま家計簿となります。最近はネット上で支払い明細が作成され、csvファイルなどでダウンロードできるので、それを利用してエクセルで支払いの分析もできます。レコーディングダイエットではないですが、節約の第一歩は記録からです。記録して、見直すことで、改善することができます。とはいっても、三日坊主の代名詞のような家計簿を自分の意志で続けるのはなかなかむつかしいと思います。クレジットカードの明細では、自動販売機やちょっとした買い物の記録は残りませんが、大きな金額の物はもれなく残りますし、最近はどこでもクレジットカードが使えますので、何でもクレジットカード払いにすることで、立派な家計簿が作れます。

通販サイトをよく利用する向けのクレジットカード

クレジットカードはいろいろな場面で使いますが、通販サイトを利用しているときにも使用する人は多いのではないでしょうか?通販サイトを利用するときには、よりお得に使えるようなクレジットカードを持っていると良いと思います。クレジットカードの中には通販サイトが発行しているものもあり、それを使うとクレジットカード自体のポイントも貯まりますが、その通販サイトのポイントも貯まっていきます。したがって、2つもお得な部分があるということなのです。通販サイトをよく利用している人は、その通販サイトがクレジットカードを発行している場合もあるので、それを調べてみると良いと思います。そして、そういったところのクレジットカードを使っていくと、2つのポイントが貯まっていくので、本当にお得に買い物ができると思います。

クレジットカードは身近なスーパーで大活躍しています

クレジットカードは私も普段からよく利用していて、郊外型で有名な某大型スーパーの割引デーでいつも使っています。現金で払うともちろん商品だけが手元にくるのですが、クレジットカードだとポイントも蓄積されていくからお得感が凄いです。割引とポイント倍増のタイミングを見計らって、今では買い物はほぼ週一回だけ車で出かけてどさっと買い込むことにしています。クレジットカードがなかったらきっとこんな使い方をしていなかったでしょうし、ポイントの素晴らしさも気づかなかったかもしれません。こうしたことはもはや生活の基本テクニックとして当たり前になってきたと思うから、特に1円でもギリギリまで切り詰めたい主婦の人は持っているときっと幸せになるはずです。

年会費無料のクレジットカードは楽天カードがおすすめ

世の中に年会費無料のクレジットカードは結構たくさんあります。しかし年会費無料とはいえ、いくつもカードを持つことは望ましくありませんので、どれか1枚か2枚を選ぶことになると思いますが、その時の選択肢としては、楽天カードがおすすめです。その理由はいくつかありますが、まず一つはポイント還元率が非常に高い、ということです。他のクレジットカードはだいたい0.5%くらいが標準ですが、楽天カードの場合は1%つきます。つまり100円買うと1ポイントつくということです。これはかなり高い還元率です。2つめは、そのポイントの利用がっての良さと換金率の高さです。ご存知のように、楽天カードは楽天グループの1社ですが、そこで貯めたポイントはそのまま1ポイント1円として、楽天市場で使うことができます。楽天市場は、国内で最大のネットショッピングモールですので、はっきり言ってないものはありません。つまり、このポイントは限りなく、どんな商品でも買うことができるポイント、ということです。加えて、1ポイントが1円に換金できる、というのも国内の年会費無料のクレジットカードしては、最高レベルの換金率です。つまり、100円のものを楽天カード買うと、実質的には常に1%(1円)の割引がついてくる、ということです。これは非常にお得です。以上のような理由で、年会費無料の楽天カードをお勧めするわけです。

年金受給者の高齢者もクレジットカードが作れる?

現在は65歳以上の高齢者の方もパソコンを操作してネットショッピングなどを行う時代です。そんなときに便利なのがクレジットカード決算。しかし高齢だからカードが持てないと考えている方も多いのではないでしょうか? 実際70歳以上の方はカード会社によっては年齢制限で難しい場合も多いようですが、まだ60代の方ならば例え収入源が年金だけでもOKな場合も多くなっています。考えてみれば入会の条件である「安定収入」といえば年金に叶うものはないとも言えそうです。ただ年金収入が月20万以上という条件が審査の目安になっている場合も多いようです。高齢者で年金収入のみでもクレジットカードを所有しやすくはなりましたが、加入を考えている方は70歳になる前に手続きをすることをおすすめします。

便利だけど怖いクレジットカード

クレジットカードと言えば現金がなくても買い物や食事ができる魔法のようなカードですね。私も作った当初、持ってるだけでかっこいい、もしお金がなくなったら使えればいいと思って持ってました。しかし、それが恐怖に変わりました。まだ学生でお金もなくなり少しくらいなら返せるしと思い興味本意で使ってみました。すごく簡単でこれで使えたの?て思うレベルでした。現金で買ったりすれば財布を見ればこれだけ使ったのか、使うの控えよう。てなるのですがクレジットカードにはそんなような実感がないのです。案の定たくさん買いたいものを買ってしまい、気づけばとてつもない額になっていました。自分では払えなくて泣く泣く親に頭下げて払ってもらいました。今思えば馬鹿馬鹿しいと思いますが、これがクレジットカードの恐ろしさです。いろんな使い道がありますが、くれぐれも気をつけて使うようにしてください。

クレジットカードを利用すると財布の小銭が減って便利

社会人になったらまずほしいのがクレジットカードです。クレジットカードがあれば現金がなくても買い物できるので財布も軽くて済むし、ポイントが付与されるのでお得になります。お得になるといってもそれは一括払いで金利がかからない場合ですね。とはいえ、例え大きな買い物をしようとしても貯金などがなくて一時的に必要、という場合には、返済計画をしっかりと練ることができればありではないでしょうか。私はクレジットカードを持ってから財布の小銭が減ったことがなによりのメリットに感じています。小銭ってじゃらじゃらしているとかっこ悪いし、財布も重くなるしで全くいいことがないので、同じように感じている方はゲットしてみるのもいいのではないでしょうか。

クレジットカードの活用法

クレジットカードは簡単便利という良いイメージがありますが、使いすぎて浪費の原因になるという悪い印象もあります。その中でクレジットカードのメリットを有効活用している方も多いのではないでしょうか?私もその中の一人。ポイントが付くのは大きなメリットです。電話やインターネットにかかわる料金、水道、電気、ガスなどの公共料金はまとめて一つのカードで支払います。固定費なので、カードだからといって使い過ぎることはあまりありません。毎月カードで払うと、公共料金だけでもポイントはけっこう貯まります。毎日の食材や日用品もカードで購入します。あらかじめ買い物リストをつくり買い物をすれば、安いからといって余計なものを買ってしまうことを防げます。私はデパートのカードを使っているので、貯まったポイントはデパートの商品券に替えられます。自分へのご褒美を購入するのに使っていて、今年は何を買おうかなと考え中。これが毎年の楽しみになっています。定期の購入やパスモのオートチャージは鉄道会社が発行しているカードで払います。これだけでも一年間で数千円分のポイントが貯まるので、貯まったポイントで先日はちょっと豪華なランチを楽しみました。その他にもたくさんありますが、カードによって活用方法はたくさんあります。無駄遣いしないで楽しめる方法を探すと楽しいですよ。

銀行口座が不要なクレジットカードはあるのか

あまりそのような方はいらっしゃらないかもしれませんが、ふとした時に銀行口座が不要なクレジットカードはあるのかといった疑問を持つこともあるかもしれません。訳あって銀行口座が作れないといったことではなく、口座からの引き落としは嫌だという方は多少なりともいらっしゃることでしょう。少し調べてみるとどうやら口座がなくても支払いができるクレジットカードは存在しているようですね。多くの場合ATMだったりコンビニの店内にある端末を利用したりすることによって支払うことが可能となっているようです。しかしコンビニで支払ったからといってそのコンビニのポイントが付くということはないため、そのあたりの考えを巡らせている方にとっては注意が必要な点かもしれませんね。

買い物以外でもポイントが貯まる楽天カード

楽天カードは、年会費も入会費も無料で気軽に持つことが出来るクレジットカードです。楽天カードのポイント還元率は1%と、クレジットカードの中でも高い割合のため、毎日のお買い物でクレジットカードを使う人にはお得なカードと言えるでしょう。また、楽天証券で投資信託を買う場合に楽天カードを使うことも出来ますし、楽天ツールバーでの検索、ブログなどでのアフィリエイトも楽天ポイントとしてもらうことが出来ます。最近ではミスタードーナッツなどの提携店での買い物もポイントとして貯めることが出来る「楽天ポイントカード」と連携しているので、ますますポイントを貯めやすくなりました。貯まったポイントは、楽天市場などでの買い物に充当することができ、大変使い勝手のよいクレジットカードです。